大学院生から始める、アフリカ挑戦ひとり旅。

大学院生から始める、アフリカ挑戦ひとり旅。

~海外旅行×国際協力×休学~

このブログを読んでくださる皆さんへ。

 

こんにちは!ブログ訪問ありがとうございます。

大学院生のYUKIといいます。

 

この記事はブログ紹介です。

初めて訪問してくださった皆さんは特に、一度読んでいただけると嬉しいです。

ブログ設立の経緯、内容、こんな方々に特に読んでほしいなど、まとめています。

 

ぜひ、よろしくお願いします^^

 

続きを読む

このブログを読んでくださる皆さんへ。

 

こんにちは!ブログ訪問ありがとうございます。

大学院生のYUKIといいます。

 

この記事はブログ紹介です。

初めて訪問してくださった皆さんは特に、一度読んでいただけると嬉しいです。

ブログ設立の経緯、内容、こんな方々に特に読んでほしいなど、まとめています。

 

ぜひ、よろしくお願いします^^

 

続きを読む

【2019.10.03】カオスとはこのことか。

オールドデリーのチャンドリーチョークを歩きました。

 

f:id:now123u:20191010172839j:plain

 

カオスでした。

 

メインロードがこんな感じで工事中で、その分人がみんなわき道を歩くので、もう大変どころじゃない。

 

f:id:now123u:20191010172910j:plain

 

スィク教の寺院がデリーにもあったんですが、この寺院も修理中のメインロード沿いにあるわけで、立ち止まってる余裕などありませんでした。

 

f:id:now123u:20191010172848j:plain

 

写真取れなかったけど、工事中の張り紙には完成予定のきれいな絵が。

こんなにきれいにできても、きっとすぐ汚れてしまうんだろうな。。。

 

f:id:now123u:20191010172925j:plain

 

少し離れてみてもこの大渋滞です。

絶対歩いた方が早いのに、リキシャ!リキシャ!って声かけてくるからよくわからなかった。笑

 

f:id:now123u:20191010173008j:plain

 

なんとか、隣のメトロ駅まで歩きました。

砂埃がずっとひどくて、インド人でもスカーフで顔を隠す人がちらほら。

 

ここにはしばらく来なくていいかなあ。。。

 

 

 

【2019.10.02】静穏という言葉が見つからない街。

大学が地方にあったこともあり、普段から人ごみに慣れておらず、静かな空間を好む僕にとっては、インドという国(の少なくとも今回訪れた町)は、なかなか生きにくい場所だなと。

 

 

昨晩ニューデリーに帰ってきて、ぐっすり寝ました。

 

そろそろお土産も買いたいし、デリー南西に位置するグルガオンにも行ってみたい。

そのためには今日明日で、ニューデリーオールドデリー周辺は見てまわっておかなきゃ。

 

ということで、この日はニューデリーのショッピングスポット、Select City Mallに向かうことに。

イヤホンが壊れてしまったので、新しいものを買うというミッションもあります。

 

 

セレクトシティーモールへはニューデリー駅からメトロで20分ほど。

そこからさらに1㎞ちょっと歩いて着きます。

 

事前に調べた感じでは、普通のショッピングモールと変わらないほどきれいということで、期待に胸を膨らませて向かいます。

 

 

到着!

 

f:id:now123u:20191010172517j:plain

f:id:now123u:20191010172520j:plain

f:id:now123u:20191010172525j:plain

 

有名ブランドがずらりと並んだモール内、事前調査通りの清潔感、さすがです。

お客さんもインド人のほかに欧米人の姿も見かけたりと、国際色豊かな方でした。

 

日本人も数人見かけました!

 

 

こんな居心地良い場所インドでは久しぶりだ~!

 

などと思うかと思っていたんですが、、、

 

 

なんか疲れる。

 

正直な感想です。

 

どこに行っても人ごみで、カフェで休もうにも休めず、せめて静かな場所をと思っても見つからず。

 

今までの疲れが溜まっていたのかもしれません。

久しぶりに何もかもに苛立ってしまいました。

 

 

さっさとイヤホンだけ購入し、宿へと戻ります。

 

道中、僕の機嫌などお構いなしにやってくるトゥクトゥクの声。

あれは本当に嫌だったな~

 

 

宿がメインバザール沿いにあるということで、到着する寸前まで人ごみと勧誘に疲れさせられました。

 

 

夕飯を食べに一瞬また外に出ましたが、それ以外ずっと引きこもっていました。

これが夕飯。カレーもそろそろきつい。

f:id:now123u:20191010172447j:plain


 

 

改めて、自分に合った旅のカタチを見つけなければなと思った一日でした。

 

 

 

【2019.10.01】11時間の列車に揺られて。

 


 

 

ジョードプルを後にして、ニューデリーに戻ります。

 

今日戻るか、翌日2日に戻るか悩んだのですが、ジョードプルの見て回るような場所がもうあまりないことと、ニューデリーでお土産買ったり、スラムツアー行ったり、ターバン作ったり、やりたいことがいくつかあったので、早めに移動することにしました。

 

というわけで、午前11時発の電車に乗り込みます。

ニューデリーまでの所要時間はなんと11時間。

 

着くころにはすっかり夜です。

 

f:id:now123u:20191009164946j:plain

 

宿泊先はこの前と同じサンタナデリーを予約。

着くのが夜遅いので、知っている場所が良いなというのと、もう一つ別の理由があるのですが、それはまた後日。

 

f:id:now123u:20191009165021j:plain

ばいばい、ジョードプル

 

 

今回もAC付き寝台列車での移動なので、快適です。

 

飛行機での11時間と電車での11時間は訳が違いますね。

いつでも横になれるし、足も伸ばせるし。

 

 

Amazon Primeでダウンロードしておいたビデオを見たり、まだ書いてないブログを書いたりして、時間をつぶします。

  

夜行列車も一度は考えたんですが、睡眠はしっかりとりたいので止めました。

絶対次の日辛くなるからね。

 

 

というわけで今日も特に書くことも無く終わってしまうのですが、まあそんなもんですかね。

 

一人でのアジア周遊も一カ月が経ち、あと一週間で一時帰国、そしていよいよインターン本番です。

 

正直この旅は楽しむことが第一目標だったのですが、予想以上にたくさんの学びがありました。

 

 

そういった旅での学びについても、インターンが始まるまでにまとめておきたいなと思うので、そろそろ動き出さないとな。

 

このブログはあくまで日記という役割なので、もう少し内容をまとめたもの(観光地情報、宿泊先情報、移動手段情報など)の共有方法を現在考え中です。

 

 

 

まあともかく、これから一週間はデリーでのんびり過ごそうかなと思います。

インドの最先端を行く地域にも行ってみたいし。

 

 

 

 

【2019.09.30】ホテルに引きこもる一日だって必要なんだ。

 

今日はホテルに引きこもる日です。

どれだけ楽しく旅をしてても、一週間に一日は休みが必要です。

 

それに、今まで溜め込んでたブログを書かなければというミッションもあったので。

 

夕飯を食べに昨日のPriyaレストランにはいきましたが(昨日とは違う南インド料理を食べました)、それ以外本当に外出しなかったので、居心地が良すぎたホテルの写真を貼っておきます。

 

ちなみにこれで朝食付き一泊2000円ですよ。

泊まるしかないですよね。笑

 

 

f:id:now123u:20191009155633j:plain

f:id:now123u:20191009155637j:plain

f:id:now123u:20191009155639j:plain

f:id:now123u:20191009155655j:plain




 

【2019.09.29】 旅友との別れ。

 

今日はいよいよ、一緒にまわってた旅友のカズと別れる日です。

夕方の電車で次の都市に向かい、そのままスリランカに行くとのことで、アクティブさが半端ないですね。

 

 

日中は観光しようと思ってたんですが、ジョードプルの観光地って一つ一つが離れてて、なかなか回りにくいんですよね。

 

それに時間制限もあるということで、旧市街地(僕たちが滞在している地域)にある階段井戸だけ見に行きます。

 

 

その前にまずはラッシー。

今日も飲みます。笑

 

f:id:now123u:20191009154505j:plain

 

こんな感じでおじさんが注いでくれます。

相変わらずの美味しさでした。

 

 

f:id:now123u:20191009154614j:plain

 

ニューデリーでも階段井戸は見ましたが、その形は全然違っていました。

ジョードプルは正方形になっていて、四辺それぞれに階段がついている正四角錐に近い形でした。

 

何段もあるこの階段井戸、どれだけの時間をかけて作られたんでしょうか。。。

 

f:id:now123u:20191009154646j:plain

 

階段井戸を見た後は、またまたオムレツを食べてホテルにチェックイン。

今晩からは僕だけの宿泊になるので、たまには贅沢してやろうと良いホテルを取りました。

そしたら快適すぎて。笑

 

明日30日はホテルに引きこもる予定だったんですが、今日も引きこもってしまいました。

 

夕飯食べるまで二人で部屋でぐだぐだ。

 

 

夕飯は駅近くのPriyaレストランに行きました。

 

f:id:now123u:20191009164641j:plain

 

ここに今まで見たことのない南インド料理があったので頼んでみます。

 

なんだこれ???

 

f:id:now123u:20191009164612j:plain

 

 

なんと表現したらいいのか分からないんですが、パリパリしたクレープ?みたいな生地の中に具が入ってて、割りながら食べるそうです。

辛さは全然なくてもちろん美味しいですが、あまりに形が斬新すぎたので見た目にすべて持っていかれてしまいました。笑

 

 

 

そしていよいよ別れの時。

かれこれ一週間ほど一緒に旅して、インドの観光地は全部カズと回りました。

いろんな話もしたし、写真も撮りまくったし、良い思い出で溢れています。

 

次会う時は日本かな。

まさかインドで沖縄の友だちができるとは思ってもなかったけど、これもまた一つの大切な出会いになりました。

 

これからの旅も気をつけて!何より楽しんで!

一週間ありがとう!!!

 

 

 

 

 

 

【2019.09.28】ワンピースの世界に潜り込める町へ。

 

早朝6時の電車で、ジャイプールからジョードプルに向かいます。

車内でぐっすり眠って、11時半ごろ到着。

 

 

このジョードプル、ワンピースのアラバスタのモデルとして有名なんです。

 

駅から宿に向かう途中で早くもそのモデルの一つとご対面。

旧市街地の中心にある時計塔です。

 f:id:now123u:20191009153443j:plain

 

ファルコンの名場面が生まれたあの時計塔ですね。

 

時計塔周辺には商店が立ち並び、とても賑やかです。

f:id:now123u:20191009153447j:plain 

 

そして時計塔の奥、町のどこからでも見えるあの砦が、もう一つのモデル。

 

f:id:now123u:20191009153526j:plain

 

圧巻です。

地球の歩き方で見ただけでも良い景色だなと思っていたんですが、直接見ると、より一層その存在感の強さが際立って見えます。

 

 

ホテルにチェックインしてからまずは昼ごはん。

 

他の旅人のブログに会った、オムレツを食べに行きます。

外でひたすらオムレツを焼き続けるおじさん。

 

f:id:now123u:20191009153556j:plain

 

トーストに挟んでくれて、50ルピー。

これまた美味しいんだな~

 

 

時計塔の商店街の一角に、ラッシーの有名店もあるとのこと。

そしてこの地方限定のラッシー(たしかMASAYAラッシー?)を頂きます。

 

f:id:now123u:20191009153630j:plain

 

これまた美味しい。

40ルピーなので60円ほどでこのおいしさ。日本でも売ってほしいくらいです。

飲むより食べるに近くて、ヨーグルトに近い感覚です。

味もわかりやすくお伝えしたいんですが、語彙力不足ですみません。。。

 

とはいえ本当に美味しいのでぜひ!

 

 

 

昼ごはんを食べたらいよいよ砦に向かいます。

 

歩いて行けそうということで向かってみますが、町がなかなかの迷路で、すぐに道が分からなくなってしまいました。

 

そこでたまたま通りがかった同世代の若者に聞いてみたら、その二人めっちゃ優しくて、なんと自分たちのバイクで砦まで連れて行ってくれました!

 

f:id:now123u:20191009153711j:plain

 

インド人の詐欺に気をつけろという話をよく聞くし、実際気をつけなければいけないのは事実なんですが、本当に親切に助けてくれている人たちに向かって、少しでも疑いの目を向けてしまったのが悔やまれます。

 

送ってくれた二人とインスタを交換して、お別れ。

いつでも声かけてよ!って言ってくれて本当に嬉しかったです。

 

 

砦の城内はやっぱりきれいで、装飾もきめ細やかです。

 

 f:id:now123u:20191009153812j:plain

 

f:id:now123u:20191009153826j:plain

 

f:id:now123u:20191009153920j:plain

 

ただ正直なところ、このジョードプルの砦に限っては町中から見上げる方が、迫力も印象も大きかったかな。 

 

f:id:now123u:20191009154019j:plain

 

見下ろした景色はもちろん、絶景でした。

 

 

砦からの帰りは自分たちの足で下りて行き、夕飯にサモサを食べて就寝です。

 

f:id:now123u:20191009154039j:plain

 

ブルーシティに黄色と緑のトゥクトゥク、なんか映えますね。 

 

 

 

【2019.09.27】やっぱり花より団子だなと。ジャイプールで最高のご飯に出会う。

 

ジャイプールに入ってから一夜明けました。

この日は丸一日観光して、翌日の朝一の電車で移動です。

 

ジャイプールと言えば、ピンクシティで有名になっています。

とはいえ街全体がピンクシティなわけではなく、駅から少々離れた区画に限られています。

 

そしてつい最近、2019年夏には街が世界遺産に登録されたんだとか。

 

 

ホステルは駅近くだったので、まずはピンクシティに向かって歩きます。

 

道中クリケットの練習をしている人たちにも遭遇。

少し教えてもらっちゃいました。

まさかインドでクリケットを初体験することになるとは。

 

f:id:now123u:20191009151751j:plain

 

バットは重いしなかなか難しいもんですね。

 

宿からピンクシティまで結局1時間少々歩きました。

割と時間かかった。

 

f:id:now123u:20191009151904j:plain

 

予定ではピンクシティ内の有名な観光スポットをひと通りまわってから昼飯でしたが、思いのほか時間がかかったので、最も有名な「風の宮殿」だけ眺めます。

 

 

f:id:now123u:20191009151839j:plain

歩いていると突如現れるその姿。

 

 

道路の向かい側には高校があり、学生たちがわんさかしてました。

 

f:id:now123u:20191009151842j:plain

ピンクシティの残りの部分は、また次来た時にでも見たいと思います。

世界遺産のジャンタルマンタルにも今回は行けなかったのでね。

 

というわけで昼ごはんは、MAHADA HOTEL RESTAURANT。

名前にホテルとありますが違って、大衆食堂といった感じです。

 

 

 

f:id:now123u:20191009151920j:plain

 

チキンビラヤニ

この量500gで60ルピー、100円しません。

意味わからん。笑

そしてなにより美味しすぎるんです。

 

f:id:now123u:20191009151923j:plain

 

ジャイプールに行く時はぜひここでご飯食べてほしい。

 

店の横ではロッティをひたすら作る人たちが。

これがまた美味しそうで、夕飯もここにしようと決めちゃいます。笑

 

f:id:now123u:20191009151946j:plain

 

昼ごはんの後は、ピンクシティからバスでアンベール城に向かいます。

この城ももう一つの見どころ。

 

 

あんな景色や、、、

 

f:id:now123u:20191009152008j:plain

 

 

こんな景色や、、、

 

f:id:now123u:20191009152026j:plain

f:id:now123u:20191009152047j:plain

 

とにかく絶景でした。

城内の展示も美しくて、ただ、すごいとかきれいとか、そういった感情で終わってしまうのがもったいないなとも思いました。

 

もっと世界史とか勉強してたらな~

 

 

アンベール城を出るころには夕暮れが近づいていました。

サンセットはもう少し市街地に近い高台の、ガルタ寺院から見ようという話だったので、バスとオートリキシャで向かいます.

 

f:id:now123u:20191009152118j:plain

 

f:id:now123u:20191009152137j:plain

 

景色は良いけど太陽が見れなかった~。笑

日の出にしても日の入りにしても、なかなか機会に恵まれないのが今回の旅。

 

まあでもそれもまた一つの思い出ですね。

 

 

辺りが暗くなってからガルタ寺院を出て、夕飯を食べにさっきのレストランへ。

 

店の横で作られるロッティがあまりにも美味しそうだったので、夕飯はチキンカレーとロッティ。

 

f:id:now123u:20191009152150j:plain

 

 

うますぎる!!!

やっぱりロッティが美味しすぎました。

 

今まで食べてたのと比べ物にならないほどふわふわで、分厚くて、食べ応えも抜群。

 

カレー無しでも美味しく食べれるレベルでした。

 

 

 

 

夕飯後は宿に戻って、明日の早朝の移動のために早めの就寝。

 

一日しか滞在できませんでしたが、ピンクシティを見に、ロッティを食べに、また絶対来たいと思います!

 

 

 

 

【2019.09.26】タージマハル観光から休む間もなく次の町へ!300円の宿が良すぎる。

タージマハル観光を終えていったん宿に戻り、チェックアウトをします。

 

この日は午後3時の電車で次の町ジャイプールへと向かう予定だったので、それまでの時間はアグラー観光です。

 

 

アグラーの観光地と言っても、タージマハルだけではありません。

アグラーフォートと呼ばれる城も有名なんです。

 

f:id:now123u:20190930222226j:plain

f:id:now123u:20190930222227j:plain

 

周囲を赤い城壁で囲われたその城は、城内の作りも細やかで、なかなかの見もの。

インドの歴史的建造物は、本当に細やかに作られているなと感じます。

 

f:id:now123u:20190930222351j:plain

f:id:now123u:20190930222649j:plain

f:id:now123u:20190930222753j:plain

f:id:now123u:20190930222810j:plain

f:id:now123u:20190930222922j:plain

 

遠くにはタージマハルも見えたり。

 

f:id:now123u:20190930223007j:plain

 

日帰りだとどこまで回れるか分かりませんが、時間に余裕があれば行く価値ありですよ。

 

 

 

そして15時の電車でジャイプールへと向かいます。

約5時間ほど、揺られます。

 

特に何事も無く快適な車内生活を過ごし、ジャイプール到着後はホテルへ。

 

 

道中クラクションが少ないのは気のせいかな、、、?と思っていましたが、気のせいではありませんでした。

 

ジャイプール駅前のメインロードから一本入っただけで、一気に静かな住宅街に入りました。

久しぶりの静けさ、嬉しい限りです。

 

 

そして宿泊したホステルもまたよかった!!

 

f:id:now123u:20190930223147j:plain

 

Chopal Hostelに宿泊したんですが、まだ完成して数カ月とのことで、ピカピカです。

ドミトリーの部屋も清潔で、なんとトイレとシャワーが別室!

 f:id:now123u:20190930223212j:plain

 

なによりオーナーの皆さんが陽気で親しみやすく、快適な時間を過ごすことができました。

 

 

翌日27日はジャイプール観光です。

今までで一番のロッティに出会います。

 

 

 

【2019.09.26】朝焼けに染まるタージマハルを狙って早起きした結果、、、

前日にアグラー入りして、いよいよ朝日に照らされて輝くタージマハルを見に行きます。

 

まだ日が昇る前の午前5時。

目覚ましを最大音量にして無理矢理起きます。

 

宿泊先のホテルをタージマハルのすぐ近くに取っていたので、歩いて5分ほどで向かうことができます。

 

5:45に開門とのことなので、5:30頃に宿を出ます。

さすがにまだほとんどいないだろうな~と油断してました。

 

入り口前には早くもたくさんの人々が並んでます。

そしてそのほとんどが外国人。

f:id:now123u:20190930214529j:plain 

みんな考えることは同じですね。

 

 

僕たちもその列に並んで待っていたのですが、いざ入場という時にチケットは別の場所で売っていることを知らされ、再度チケット購入後に並びなおしです。

 

場内に入る頃にはすでに辺りがぼんやり明るくなり始めていました。

 

 

門を抜けて、、、

 f:id:now123u:20190930214543j:plain

 

いよいよご対面です。

 

f:id:now123u:20190930214620j:plain 

???

 

 

全然輝いてない。

 

めっちゃ曇ってる。

 

 

そう、残念ながらこの日の早朝は曇り。

日の出自体見ることもできませんでした。

 

 

とはいえこの迫力です。

美しすぎる。

 f:id:now123u:20190930214705j:plain

 

遠くから見ると白一色ですが、近づくと様々な色で模様が描かれていることが分かります。

 

 f:id:now123u:20190930214739j:plain

f:id:now123u:20190930214751j:plain

f:id:now123u:20190930214813j:plain

 

 

そして、タージマハルは四方どこからみても同じ形をしているので、こんなこともできます。

 

 f:id:now123u:20190930214906j:plain

横から見たタージマハルと。

ここ全然人がいないので穴場ですよ。

 

入場制限が3時間なんですが、なんだかんだで2時間以上滞在していました。

 

12月などの冬季に来る観光客が多いらしく、その時は空も澄んでもっときれいだそうです。

 ちなみに、この日も最後の最後にちょっとだけ晴れ間を見せてくれました。

f:id:now123u:20190930214917j:plain

 

次は冬にまた来たいな~