大学院生から始める、アフリカ挑戦ひとり旅。

大学院生から始める、アフリカ挑戦ひとり旅。

~海外旅行×国際協力×休学~

このブログを読んでくださる皆さんへ。

 

こんにちは!ブログ訪問ありがとうございます。

大学院生のYUKIといいます。

 

この記事はブログ紹介です。

初めて訪問してくださった皆さんは特に、一度読んでいただけると嬉しいです。

ブログ設立の経緯、内容、こんな方々に特に読んでほしいなど、まとめています。

 

ぜひ、よろしくお願いします^^

 

続きを読む

このブログを読んでくださる皆さんへ。

 

こんにちは!ブログ訪問ありがとうございます。

大学院生のYUKIといいます。

 

この記事はブログ紹介です。

初めて訪問してくださった皆さんは特に、一度読んでいただけると嬉しいです。

ブログ設立の経緯、内容、こんな方々に特に読んでほしいなど、まとめています。

 

ぜひ、よろしくお願いします^^

 

続きを読む

WaterAid Speakerになりました!水問題を"伝える"経験から見えたこと。

こんにちは!

突然ですがみなさん、WaterAid(ウォーターエイド)という言葉を聞いたことはありますか?

 

ウォーターエイドは、「すべての人々が清潔な水と衛生を利用できる世界」をビジョンに掲げて活動する水・衛生専門の国際NGOです。

WaterAid HPより https://www.wateraid.org/jp/

 

とあるように、水と衛生の面から世界を支える団体です。

 

イギリス発祥の国際NGOで、会長はなんとあのイギリスのウェールズが務められています。

 

日本ではまだ馴染みがあまりないかもしれませんが、設立は1981年で40年近くの歴史を持っています。

日本事務所であるウォーターエイドジャパンは2013年に設立されたため、これからの活動に期待されています。

 

【ウォーターエイドジャパン】

HP:https://www.wateraid.org/jp/

Twitter:@WaterAidJapan

Facebookhttps://www.facebook.com/WaterAidJapan/

 

ウォーターエイドスピーカー講習会って?

 

そんなウォーターエイドジャパンが開催する、スピーカー講習会に昨日参加してきました!

 

 

スピーカー講習会を受講することで、ウォーターエイドスピーカークラブのメンバーになれるのですが、このウォーターエイドスピーカークラブは、

 

世界の水・トイレ・衛生の問題やウォーターエイドの活動をより多くの人に知ってもらうための活動

WaterAid HPより https://www.wateraid.org/jp/

 

を行っているボランティア団体です。

 

 

今回は4~5月あたりにHPなどで講習会参加の募集が始まり(定員に達し次第締切)、7月末に1日がかり(10~17時)で講習会が実施されました。

 

参加資格は高校生以上で、今回は僕のほかに、高校生から50~60歳代の方まで、幅広くの方々が参加されていました。

 

 

スピーカークラブのメンバーになった後の活動は、

 

学校での出前授業、世界トイレの日(11月19日)や世界水の日(3月22日)に合わせたイベントでの授業、グローバルフェスタなどのイベントでの出展、スピーカー講習会の開催、その他メンバー同士の交流やステップアップ研修など

WaterAid HPより https://www.wateraid.org/jp/

 

と多岐にわたって「伝える」という活動に携わることができます。

 

僕自身、誰かの”きっかけ”になることを目標としているので、水×国際協力をフィールドとするWaterAidでこうやって「伝える」という活動に携われることに、とても魅力を感じていました。

 

実際に参加してみての感想

 

先ほども書きましたが、当日の参加者は20名弱で、高校生から50~60歳代の方々まで、幅広い年代の方々が参加されていました。

 

具体的な講習会内容は参加されてのお楽しみですが、”ただ聞く”だけではなく”自分たちで考える”機会が充実していて、勉強になることだらけでした。

 

 

実際に参加してみた感想を少しまとめます。

 

同じモチベーションを持った人が集まる居心地の良さ

まず初めに感じたことは、居心地の良さです。

 

もちろん、場の雰囲気が終始和やかだったことは言うまでもありません。

お互いを尊重しあう、とても素敵な空間でした。

 

 

ただそのほかに、同じモチベーションを持った人たちが集まっているということに、とても居心地の良さを感じました。

 

 

「国際協力に興味がある」

「水に関わる仕事をしている/する予定だ」

「世界の水問題を多くの人に伝えたい」

 

 

どの話題にしても共感できることばかりでした。

 

そして、そして他の参加者の方々の今までの活動は、同じモチベーションでということもあり、今後の自分の活動のために参考になるものばかりでした。

 

 

普段身のまわりに、この話題について話せるような人があまりいないこともあって(これもみんな共感してくれました笑)、一斉に集うとここまで話が弾むんだなと嬉しく思いました。

 

「伝える」ことの大切さと難しさ

 

「伝える」ことは簡単ですが、「誰に」「何を」「どうやって」伝えるかを考えると、やはり簡単にはいきません。

 

 

対象は小学生なのか、高齢者の方々か、それとも同世代の学生か。

 

内容はどれだけ水について掘り下げて良いのか。学問的な知識はどこまで必要か。

 

講義として一方的なものが良いのか。それとも一緒に考える方法が良いのか。

 

 

同じ「伝える」でもその中身は多様であいまいな点も多くあります。

その点、スピーカークラブは活動目的が明確で、達成のための教材や授業進行もわかりやすかったです。

 

 

「正解はない」

 

 

という言葉が印象に残っています。

 

水問題に意識を向けてもらうこと、少しでも考えてもらうことを目的としているため、何か結論を作る必要はないのがまた魅力の一つなのかとも思います。

 

 

僕自身、帰国後はスピーカークラブ以外でも自分の経験について「伝える」という活動を頑張っていきたい訳ですが、その際は「誰に」「何を」「どうやって」伝えるか、工夫していきたいです。

 

スピーカー認定証 

 

丸一日がかりの講習会を終えると、ウォーターエイドスピーカーとして認定されます。

 

これがそのスピーカー認定証

 

f:id:now123u:20190722125234j:plain

 

カードはプラスチック製でしっかりしてます。笑

 

 

僕は秋から海外に行ってしまうので、実際にこの活動に携われるのは来年度からになります。

 

海外で学んだことも含めて、より多くの人々に水問題を知ってもらえるように、水問題を考えてもらえるように、頑張っていきたいと思います。

 

 

今後もスピーカー講習会は実施されると思うので、興味がある方はぜひ一緒に活動しましょう!!!

 

 

 

今日は僕の”きっかけ”の日です。

 

2016年7月20日。

人生で初めて、日本を出た日。

  

f:id:now123u:20190720194102j:plain

 

3年前の今日が無ければ、パスポートなんて必要なかった。

 

 

3年前の今日が無ければ、海外行くために毎日節約する必要もなかった。

 

続きを読む

予防接種は早いと損する!?接種時期には本当に気をつけてほしい話。

 

「予防接種はお早めに!」

 

ってよく言いますよね。

僕もそれを聞いていたので、渡航半年前に打っていたんです。

 

ただそれが裏目に出るとは、、、

続きを読む

大学院に進学したから成長できた5つのこと<その④⑤>

こんにちは!

僕が大学院で成長したことをまとめています。

今回が最終回です。

 

この記事は

大学院への進学を考えている方

大学生活楽しいけど何かモヤモヤしている方

このままじゃいけないと何か変わりたいと思っている方

に向けて、何か自分の考えを変えるきっかけになれば良いなと思って、書いています。

 

前回の<その③>から少し時間が空いてしまったこともあるので、今回は残り2つをまとめてお話しします。

前回までの記事はこちらから↓

now123u.hatenablog.com

 

f:id:now123u:20190711223355j:plain

僕が大学院生活で学んだ5つのこと

④人の考えを聞くことの大切さ

 

「〇〇さんの話を聞きたい」

 

という言葉をよく聞きます。

でも、

 

「〇〇さんの”何の”話を聞きたい」

 

のでしょうか。

 

 

大学生までの僕は、この”何の”の部分が具体的に思いつかなかったので、いわゆるすごいといわれる人たちがいても、特に話を聞きたいとは思えませんでした。

 

ただ、アフリカ渡航を考える中で、どうしても自分の考えだけでは答えが見つからない、という部分が増えました。

 

アフリカに長期滞在することで得られた気持ちの変化

現地から発信することのメリットデメリット

今だから分かる、渡航前にすべきだったこと

 

など、経験した人でなければ分からない疑問が次々と浮かんできました。

そんな時に初めて、他の人の話を聞くということが必要だと感じました。

 

 

同時に、今まで誰かに聞きたいと思うほど真剣に、自分の将来について考えていなかったということも、改めて痛感しました。

 

自分の将来に明確な目標が無かったために、当時の知識と考えだけを頼りに、限られた中から将来を選ぼうとしていたのだと思います。

 

しかし、自分の将来像が大まかにでも定まった今、足りない知識や経験、考え方がまだまだあることに気づきました。

 

僕とは全く異なる視点を持つ人々が、世の中には溢れています。

そういった方々の経験や考え方を聞くことで、自分自身の選択肢が大きく広がることに気づきました。

 

 

⑤”なんとなく”が無くなる生活を

 

5つ目は、今までの4つのまとめといった感じです。

 

「なんとなく」 

 

過ごしていた時間はどれほどあったでしょうか。

 

”なんとなく”みんなと同じ授業取って

”なんとなく”休みの日はバイトして

”なんとなく”大学院の進学を決めて

 

振り返ってみると、今までの生活にはこの”なんとなく”が溢れていました。

 

 

でも逆に、目的を意識して取り組んでいた活動もあります。

それらは記憶にもしっかりと残っていて、とても充実していた時間だったなと振り返ることができます。

 

過去は取り返せませんが、未来はどうにでも変えられます。

 

何のためにするのか

何につながるのか

 

これらを 一つ一つの行動に対して考えることで、将来この時期を振り返ったときに、

 

あの時は本当に充実していたな~

 

と満足できるのではないでしょうか。

 

 

 

”なんとなく”が無くなる生活を。

 

ぜひ皆さんも一度、今までの自分とこれからの自分を考えてみてください!!

 

 

 

 

JICAインターンの結果が出ました&アフリカ渡航1ヶ国目が決まりました!!!

こんばんは。

大学院で学んだことシリーズの途中ですが、どうしても今日書いておきたいことがあったので、記事にします。

 

f:id:now123u:20190625203327j:plain

 

JICAインターンの結果が出ました。

 

今日、応募していたJICAインターンの結果発表がありまして

 

続きを読む

大学院に進学したから成長できた5つのこと<その③>

こんばんは!

僕が大学院で成長したことシリーズ第3弾です。

 

「5つのこと」とタイトルにある通り、全5回でお届けする予定なので、もう少々お付き合いください。

 

毎度のことですが、この記事は

大学院への進学を考えている方

大学生活楽しいけど何かモヤモヤしている方

このままじゃいけないと何か変わりたいと思っている方

に向けて、何か自分の考えを変えるきっかけになれば良いなと思って、書いています。

 

今回は<その②>で気づいた焦りから、僕自身の生活を変えようと思ったときに気づいたことです。

<その②>の記事はこちら↓

now123u.hatenablog.com

今回の記事の前に読んでいただけると、つながりが分かるかもです。

 

f:id:now123u:20190616105208j:plain

 

僕が大学院生活で学んだ5つのこと

③本当にお金が無い?時間が無い?

学生同士で何か予定を立てるとき、

 

「全然時間無いな~」

「お金ないから貯めないとな~」

 

よく聞く言葉ではないでしょうか。

 

大学生時代の僕もしょっちゅう言ってました。

ただ、今となっては当時の自分に、

 

本当に時間もお金も無いのかい?

 

と改めて問いたいです。 

 

前回の記事にも書いた通り、同期が働いているという焦りから、僕は改めて自分の生活を振り返ってみました。

すると時間もお金も、見直すべき部分が山ほどあったことに気づいたのです。

 

それを踏まえて、過去の自分に向けてのメッセージという気持ちで、書いてみます。

 

 

まず時間について。

 

もちろん大学生の時は、日中は授業で夜はサークルやバイトがありました。

いまよりも忙しかったことは事実だと思います。

 

ただ、例えばはどうだったでしょうか。

毎日何時まで寝ていたでしょうか。

 

もし、

 

毎日朝6~7時に起きて課題をしていたら

またはもう少し早く起きて早朝バイトをしていたら

 

今まで課題やバイトに使っていた夜の時間はどうなっていたでしょう。

もっと自由に、それこそ忙しいなどと感じずに過ごせていたかもしれません。

 

 

次にお金について。

 

毎日ご飯飲み遊びにお金を気にせず使って、気づいたら通帳残高がみるみる減っていた、という経験はありませんか?

 

そんなとき、例えば簡単にでも家計簿をつけて月ごとの収支を管理していたらどうなったでしょうか。

誰だって少しは自分の使った金額を意識すると思います。

 

それに、

 

お金が無い

バイトする

時間が無い

 

というように、学生にとっては

「時間が無い」原因の一つに「お金が無い」ことも入る

と思います。

もっとしっかりと自分で管理していれば、お金だけでなく時間にも余裕を持てたのではないでしょうか。

 

 

 

大学院に入ってからなんとか自分自身でこの問題に気づけたため、今はお金も時間も意識して大切に生活できています。

 

みなさんもこの機会に、自分の生活に本当に「時間が無い」のか「お金が無い」のか、見つめてみてはいかがでしょうか?

大きなお世話だったらごめんなさい、笑って読み流してください。笑

 

今日はここまでです。

ありがとうございました!

 

 

 

 

大学院に進学したから成長できた5つのこと<その②>

こんにちは。

前回から引き続き、大学院に進学して僕が成長したこと、これは大学院ならではの意識だろうと思うことを書いていきます。

 

大学院への進学を考えている方

大学生活楽しいけど何かモヤモヤしている方

このままじゃいけないと何か変わりたいと思っている方

ぜひ読んでほしいです。

 

前回の記事はこちら↓

now123u.hatenablog.com

合わせて読んでみてください。

 

f:id:now123u:20190616104636j:plain

 

僕が大学院生活で学んだ5つのこと

②同期が働いているという焦り

現在、僕は理系の大学院に進学しています。

周りの友だちも、多くはそのまま同じ大学の大学院に進学しているので、一見ではあまり環境の変化が無いようにも思います。

 

ただ、もちろん全員が進学しているわけではありません。

 

 

文系の友人はほぼ全員が4年生で就活し、すでに働いています。

なんなら今年度は社会人2年目です。

 

理系の友人でも4年生で就活した人、大学院に進学したものの環境が合わず1年で中退して就職した人、割と多く聞きます。

 

 

普段の生活(家と研究室を行き来する生活)ではあまり実感が無いのですが、

社会人の友人と飲みに行く約束が週末になる

平日昼間のSNSの更新頻度が劇的に遅くなる

などなど、目に見える変化も確かにあります。

 

 

もちろん、大学院生には社会人には無いであろう種類の忙しさもあると思います。

他人と比べることも、必ずしも良いこととは思いません。

 

 

ただ僕の場合は、

 

このままでいいのか?

 

と自分の生活に疑問や焦りを感じるようになりました。

 

大学生の時のように、1限の授業は取らずに朝ゆっくり起きたり、空きコマがあったら家に帰って昼寝したり、そんな時間は社会人にはもちろんありません。

 

それに大学院は授業がほとんどないので、スケジュールは自分次第です。

土日まで研究している人もいれば、平日でも家でのんびりしている人もいます。

 

 

同期のみんなが朝から働いている中で、

朝時間を気にせずに起きて

平日でも家でゴロゴロする

そんな生活はできないししたくない。

 

このような気持ちが生まれるのは、大学院生ならではではないでしょうか。

僕にとっては、この焦りに気づけただけでも成長だと思っているので、記事にしました。

 

そこから僕は、自分なりに生活習慣を整えようと考えたのですが、それについては次の記事で!

 

 

 

 

大学院に進学したから成長できた5つのこと<その①>

この記事、

大学院への進学を考えている方

大学生活楽しいけど、何かモヤモヤしている方

このままじゃいけないと、何か変わりたいと思っている方

ぜひ読んでほしいです。 

 

f:id:now123u:20190613104207j:plain

 

自分で言うのもあれですが、

僕は大学院に入ってから著しく成長していると思っています。

普段自分の自慢なんてしたくもないと思っている僕が、珍しく聞いてほしいと思うほどなので、今回ばかりは許してください。笑

 

大学院生になって早くも一年以上が経ちましたが、正直大学生の時よりも

”学んで”

”考えて”

”行動して”

いたと思います。

 

多くはアフリカ渡航に関係することですが、この一年間は今までの生活すべてを見直せる機会となりました。

 

 

では、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

僕が大学院生活で学んだ5つのこと

①研究に対する意欲と理解

人それぞれ、研究に向き不向きはあると思いますが、これが分かるのも大学院に入ってからだと僕は思います。

 

というのも、大学生の間だけでは圧倒的に”自分の研究”をする時間が少ないからです。

僕の大学では、研究室に配属されて研究が本格的に始まるのは4年生からでした。

 

つまり4年生の一年間で「調査・解析・論文執筆」を終わらせなければいけないのです。

 

加えて、

研究とはどのように進めるのか

実験室や実験器具はどのように使うのか

など右も左もわからないことだらけの状態からスタートするので、もう大変です。

 

言われたことを言われた通りにするだけで、精一杯になってしまいます。

 

 

 

大学院はそれと比べて、心にも時間にもまだ余裕があります。

 

研究室にも慣れて、”自分の研究”について考える時間をしっかりと持てます。

ゼミでの発表の機会も増えます。

投稿用の論文を書いたり、学会で発表する機会も頂けるかもしれません。

 

例えばゼミ発表の準備をするとき、

この発表では何を伝えたいのか

を考えながらスライド等を作りますよね。

 

でもこの伝えたいことを自分自身がしっかりと理解するには、

 

自分の研究は社会の中でどのような価値があるのか

具体的に何を解明したいのか

その解明のために必要な要素は何か

 

を分かっている必要があります。

このステップまで考える時間があるのが大学院だと思います。

 

 

発表する研究の目的にはどのような背景があるのか、これが自分の中で鮮明になると、研究へのモチベーションも上がり、自分がすべきことについてもより具体的に考えられるようになるのではないでしょうか。

 

僕自身、大学4年生の時は目の前のことにいっぱいいっぱいだったので、大学院でこのことに気づけて本当に良かったと思ってます。

大学生の時から気づけている方は、さすがですと尊敬するほかありません。

 

 

 

こんな僕が堂々と書いているのも笑われてしまうかもしれませんが、誰かにとって、この記事が”きっかけ”になればうれしいです。

長くなってしまったので、続きは次の記事にしますね。

 

 

 

 

ブログを休んだ1ヶ月で僕がしていたこと。

お久しぶりです。

前回の投稿から、一カ月以上経ってしまいました、、、

 

なんだかんだで、令和になって初投稿です。

 

ブログだけ見れば空白の一カ月になるわけですが、この期間いったい何をしていたのだろう?と後で見てわかるように、今回はその記録をしておきます。

 

空白の一か月の過ごし方

ブログ上の空白の一か月=5月ですね。

この期間は、ひたすら研究していました。

 

 

具体的には、、、

・~5/17:投稿用の論文執筆とその修正

・~5/31:ゼミでの研究報告のためのスライド作り

といったところです。

 

 

投稿用の論文は4月から書いていたんですが、0から1を生み出すことの難しさを実感しました。

言いたいことは明白なのに、その書き方がわからなかったりしっくりこない。

なんとか書き上げたものの、先生方から返ってきた原稿には赤線がこれでもかと引かれ、修正の嵐でした。

 

まあでも、これも経験ですね。

自分で書こうとしてみないとこの難しさには気づけなかったし、先生方に修正していただいたことで、どのような書き方が正しいのか勉強できました。

予定より少々遅れてしまいましたが、無事投稿もできそうで、ひと段落です。

 

 

この論文執筆期間の後は、ゼミに向けてスライド作りです。

休学までにある程度、修論の形を整えておかないと、復学後に大変な思いをすることになるのは目に見えているので、、、

一つ一つ丁寧に作りました。

毎回発表ギリギリまで修正したりするので、もう少し心に余裕をもって準備したいものです。

 

 

そして6月頭にゼミがあり、無事発表を乗り切って今日に至ります。

ひと段落とは言いつつも、やることはまだまだ溜まっているので、一つ一つ消化していきたいと思います!

 

以上、ほぼ自分のための記録でした。

書きたい記事はたくさんあるので、少しずつ更新を再開します!!